あなたの関節を守る10の方法
 

 q.v.<http://www.arthritis.org/conditions/tips_jointprotection.asp >
アメリカ、関節炎財団の資料から:奈須 一 訳)

 変形性関節症は現在およそ2千百万人* のアメリカ人が患っているもっとも多い関節炎です.研究者達は、その原因を年齢のせいだけとして片づけるのではなく、筋・骨格の欠陥、遺伝子 の欠損、肥満や外傷、過剰負担などと考えています.
 自分の遺伝的な素因を変えたり膝を交換することはできませんが、次にあげるような事を守って関節を守ることは、変形性関節症の進行を抑える ため大いに役立つはずです.

*訳者注:変形性膝関節症は、日本人の五百万人から一千万人が患っているとも言われています.

  1. 自分の理想体重を維持する.体重が重ければ重いほど、股関節、膝関節、背骨、足などの関節にかかる負担が増えます.
     
  2. 身体を動かす.運動は関節周囲の筋力を強くして関節をまもります.強い筋肉は関節が互いに擦れあって軟骨がすり減ることから守ってくれます.我々はあなたに有効と考えられる運動プログラムを提供すること もできます.
     
  3. まっすぐに立つ.良い姿勢が頚から背骨、股関節、膝関節にかかる負担を減らします.
     
  4. 大きな関節を使う.物を持ち上げたり運んだりするときに、一番大きくて強い関節や筋肉を使うようにします.そうすることでより小さな関節に負担をかけたり傷つけたりすることを避けられます.
     
  5. 自分のペースを保つ.自分に合った運動の強さと休憩の時間を交互にとるようにします.長時間にわたって繰り返し関節に力を加え続けると、変形性関節症の原因となる摩耗と断裂を 早めます.
     
  6. 自分の症状に合わせる.もし痛みがあったらそれを無視してはいけません.活動や運動後の痛みは自分の関節に負担をかけすぎたために起こります.
     
  7. 安静にしすぎてもいけません.規則的に姿勢を変えることで筋肉や関節がこわばるのを減らすことができます.
     
  8. 週末の予定を忘れなさい.自分の身体が準備できていない状態で活動を行ってはいけません.自分の身体がどのように反応するか見極められるようになるまで、新しい活動はゆっくり安全に始めるようにします.そうすることでケガの危険を減らせます.
     
  9. 適当で安全な装具を選ぶ.家でも装具を外してはいけません.快適で自分に合った安全な装具を使用しているか確認して下さい.
     
  10. 助けを求める.自分が扱うには負担が重すぎる作業を試してはいけません.手助けしてくれる人に頼みなさい.

ページの先頭へ

 ひざの等尺運動運動療法グルコサミンとコンドロイチン硫酸サプリメント使用に関する助言
 |関節リウマチ

 

© Copyright, 1991-2006, Hajime Nasu MD, Junichi Nasu DDS and Nasu Medical Clinic, All Rights Reserved.